忍者ブログ
 「BARBERそらまめ」の釣りブログです。伊勢湾サーフルアーフィッシングと仲間たちの釣り話 そして九頭竜川サクラマス。
2017.5.16 九頭竜川サクラマス 八日目 シーズン最終日


前日一番打ちができなかったけど今日は一番に流せます。


いっそう水位は下がります。

山から昇るのでちょっとタイムラグのある日の出。
プールの頭には二番打ちのアングラー・・・フライアングラーがここまた増えたな。

この水位では遡上がないと考えてその昔に5月の切り札ポイントへ

この水位でも水深、流速も充分。

帰りに分流の瀬が不安だけど・・・昔も渡れる日には何度もいい思いをしたポイント。


ハミ跡いっぱいで夏が近いことを実感。

こいつも遡上してきたやなっ。





って水位が下がり続けているのはわかるけど

閉局って何っ?

名残惜しいけど今シーズンは終了・・・

それでもリサイクルショップで見つけると

すでに来シーズン用のミノーを買ってしまうわなっ!!

拍手[0回]

PR
2017.5.15 九頭竜川サクラマス 七日目 5月らしい釣り方

金曜からの雨で土曜日には70cm台に上がった水位が日曜にも50cm台と5月にしてはある方の水量ということで「行く」ことを決定・・・

予想より少ない?

行き路の時間 一時は30cm台にまでなってました。

それでも過去にはこの程度の水位でも脈略こなく遡上した
フレッシュランが連発した経験もあるので・・・

5月らしいルアーでっ
 
5月らしい釣りをっ!


アップテンポでランガン。




5月らしい鳴き声が響く九頭竜川。




まぁ朝5時前から夕方6時半まで駆けずり回ったけど・・・

拍手[0回]

2017.4.18 九頭竜川サクラマス 六日目 初めて鳴鹿堰堤の放水サイレンを聞いた。



夜中にサイレンとともに「川から上がって離れてください・・・」って

初めて聞きました。

いつものように対岸の幼稚園の下で寝てたら慌てて移動やったな・・・


月曜の釣り終わりにはいい感じで水位が上がって・・・
昔のこの日を思い出し期待しました。




って降りすぎろってかまだ山に雪が多いのもやな・・・

2.78の水位はこんな感じです・・・

あきらめて撤収っ!

拍手[0回]

2017.4.17九頭竜川サクラマス 五日目 「やっと釣れたっ!!」

あえて向かい風の右岸ポイントは予想通りのガラ空きで
飛距離を稼ぐためのスプーンをチョイス。
17gのスプーンを14gに変えた数投目・・・
スピード感のあるアタリをあわせた瞬間
「キュッ!キュッ!キュ!」とローリングと翻る白銀・・・
太い流れに乗って一気に下られます。
「バレるな・・・バレるな・・・」
雨ガッパのフードを振り払ってのフィニッシュの一度目のネットを気づかれてとん走された2度目をきめました。



少し小ぶりでも久しぶり。心臓がバクバクやったわっ!


息子の卓球に夢中になっていて0数年サボってた九頭竜川・・・
ふたたび通い13日目?・・・もう覚えてないけど
やっとのことに釣ることができました。

ヒットルアーは九頭竜川に通いつめてたその昔
やはり旧友のにしいくんのデトロイト出張の際フィッシングショップを回って探してもらった
デトロイトで製造してたダーデブルのコピーキャット14gのスカンプでない方でした。


とにかく暴風雨の中をあきらめなくってよかったっ!

拍手[1回]

2017.4.17九頭竜川サクラマス 五日目 

来週にはたぶん本格的に田んぼの代掻きが始まる九頭竜川周辺なので実質今週がラストチャンス。
前日入りしてる すぎのくんとこばやしくんもアタリなしだったらしく・・・

迷った挙句 水位80㌢前後と少なくはないけどフレッシュなランがあっても
一気に上流域には行かないなっと考えたのと午後からの雨がまとまりそうなので上流域は二日目にとっておくことにして下流部からのスタート。

ここではスポーニングカラーに染まった80㌢オーバーの真鯉が掛かったのみ。


代掻きのニゴリが入り始めてます。

ドライヤーの風のような強烈な南風が吹き出していよいよ天気があれる気配で追い風になる左岸に移動。

290円で買った中古ルアーできれいなルアーが釣れました。
中古で売りに出した人もまさか九頭竜川を泳ぐとは想像しなかったやろなっ!
まぁすぐ九頭竜川のもくずとなったけど。
この後台風並み暴風雨となって右岸には誰もいなくなりその風が弱くなったラストのポイントはあえての右岸!へ・・・


拍手[1回]

2017.4.10九頭竜川サクラマス 四日目 ぱっと見はサクラマスなんやけどな・・・

一晩中車が大揺れの風雨・・・
薄暗いうちに準備して川を見ると違うところにワンボックスを止めた4人組がすでに立ってます。
「マジかよ・・・。出遅れた・・・」
朝一なので釣り下る様子もないので間隔を空けた下流部に入ります。

・・・っと昨日の夕方 気になった場所に入ったひとりがなんと釣ってしまいました。


でも直後

掛かった瞬間 独特の首振りローリング
「来たっ!」
・・・「案外軽い?」

ランドロックの山女魚?

ルアーと大きさを比べなかったらサクラマスなんやけどな・・・・

 
もうひと流し上流からと思ってもこの朝追い風になる左岸のこのポイントに次から次と集まりだしてあきらめざるえません・・・。


桜も見ごろ・・・やけど
そんな余裕はない・・・


ずぶ濡れ・・・肩がこるはずやわ・・・










 
サクラマス情報のメールマガジンを見てる いまはしさんによると
ボクか入ったこのひとつふたつ下流のポイントまでつれたらしく
そこまでで まぁ釣られたのかねぃ。

手足の感覚がなくなる夕方までやったけど結果なしで・・・
こばやしくん いまはしさん すぎのくん みんな釣ったので
釣れてないのはボクだけやでっ!


すぎのくんのサクラマスをいただいてます。

拍手[0回]

2017.4.10九頭竜川サクラマス 三日目 すぎのくんの今年一本目



ボクが着いた時ちょうどキャッチしたところでした。









日は暮れていきます・・・




暗くなって足元があやしくなって釣り終えたあたり・・・
例年はつれそうにないあたり・・・
増水の今日明日はすごく気になって朝一番はそこからと決めて
この場所で車中泊としました。

おぼろ月は天気があれる前兆。

拍手[0回]

2017.4.10九頭竜川サクラマス 三日目 いまはしさんの「二年振り」

分流の深みでてこずってベストの半分まで・・・袖もずぶ濡れで道路に上がると
いまはしさんが待ってました。
 
朝一だったそうです。
 

きっとボクが右往左往してた時間がジアイだったワケで・・・
「ノープラン」のスタートが失敗やな。
でもサクラマスの遡上は確実にあるということです。


拍手[0回]

2017.4.10九頭竜川サクラマス 三日目 下流部でのスタート


「釣りはできそうです」

・・・前日入りした

すぎのくんと朝一番に合流して・・・


「えらい深そうやな・・・」
このポイントでは身長差を思い知らされました・・・

ここですぎのくんと別行動で回ります。

川原がこんな状態で渡るのに苦労してタイムロスをしますが

太い流れで絶好のチャンス日!



「鯉の恋」
人の映像ならエロなっ!

拍手[0回]

2017.4.4九頭竜川サクラマス 二日目

前日に2本・・・バラシとキャッチがあった情報のポイントにまだ暗い時間に到着してみるとすでに4台。
やっぱりなっと誰もいなかったここへ・・・



さらに水位の下がったこの日はちょっと不利ながらサクラマスが入っていれば狙いやすい場所です。


そして空いたのを確かめて

前日に実績があったピンスポット的ポイント。



橋の上から見ると旧橋桁に4つほど引っかかってるルアーが見えます。
チャートのライムカラーが流行のようです。





 
朝からこんな低い水位でもこの日にも何本か釣れてます。
人が思うよりサクラマスは活性を下げてない・・・
いちいち下げてたら生きてけないっ!
まぁだから釣られてしまったって話でもあるわけですが・・・

釣るコツは細かいことは考えず投げまくることかもっていまさらながら思います。


雪を貯える山々・・・。ひと雨で一気に水が出たあとのチャンスに
また来れたらいいねぃ・・・



さぁ水位が下がったらチャンスやでっ!

拍手[0回]

2017.4.3九頭竜川サクラマス 一日目


到着の明け方・・・一台も車が止まってないここを選びました。人も少ないけど予想通り水量も乏しい。






朝一に入れなかったここ・・・



そして




昔と違って今年も4月に入っても下流部中心です。


最下流部のポイントで一日目は終了。

それでもこの日も何本かは確認されてるようでしかもボクの入った場所でも。

水量のない日は特にピンスポットの場所にドンピシャのタイミングで入ることが重要なわけですねぃ。


拍手[0回]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
5 8 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

カウンター

カウンター